病気をしていましたが、ウォーキングで健康維持!

健康に気を付けたいお年頃

病気をして入院、退院で以前勤めていた仕事を退職しました、長らく働けないので自宅にて色々仕事をしていますが
そうなってくると運動不足で体重がかなり増え食べる物も脂っこい物が多くなりました。
少し歩いたり運動などをすると息切れやめまいが出始めましたので、これはダメだと思い少しの食事制限とウォーキングを始めました。
初めは自宅近くを歩いていたんですが毎日続けていると車や自転車が邪魔で気分がのらなくなり一日おきが三日おきになり
しまいには一週間ウォーキングをしないようになったりと意味がなくなって来ましたので気晴らしに自転車で15分位に有る大きな緑地公園に行って歩いてみました。
それが良かったのか景色が綺麗で自転車も車も走ってないので気分はそうかいでした、それから一日おきにウォーキングをしようと決め
公園を今日は大周り、明日は短めになど自分で工夫しながらポケットにラジオを持ち持続が出来るように頑張りました。
今では3qを35分で歩けるようになりましたので一日1時間を目安に歩いて行こうと思います。

無理をしない事

生活に無理のない程度の距離を歩くことが長続きの秘訣だと思います。本気になりすぎると3日坊主や1週間坊主になります。今日はしんどいからやめておこうと思う日があっても良いですし、天候が悪い日や忙しいときは当然無理して歩かなくて良いです。難しいことを考えず歩きたいときに歩きたい距離をウォーキングすれば良いのであって、今日も必ず10km歩かなければいけない!といった強迫観念で歩くと靴擦れなどの怪我をしますし、長続きしませんので注意が必要です。

 

私の場合はウォーキングしながら事前に録音しておいたラジオ番組等を聞いています。音楽プレーヤーと、運動しても外れにくいタイプのイヤホンを買ってきてそれを使用しています。何も考えずにただひたすらボーッと歩くのも寂しいので。私の場合はラジオを聞いていると楽しく歩くことができますが、人によっては景色を見るだけでも楽しく歩けるかも知れませんし、カメラを手に時々は街の風景や空に浮かぶ雲、鳥を撮影しながら歩くのも良いかもしれません。

 

尚、私が歩いている場所は河川敷で、周囲はジョギングしている人や犬の散歩をしている人ばかりで自動車は一切通りません。一応安全に気を遣わなければいけませんし、ウォーキングとは言え途中で体調悪化する可能性があるかも知れません。それで安全、かつ、ある程度人通りがある場所を選らんだ結果として近所の河川敷を30〜1時間ほど歩くことにしています。また朝ウォーキングをされる人も相当多いですが、早朝や起床後に高血圧になりやすい人は夕方にウォーキングするのが健康のためには良いですし、念には念を入れてウォーキング前に血圧チェックすることをオススメします。私は起床後はとても体がだるく血圧も高いので、夕方の時間がたっぷりあるときに心の余裕を持ってウォーキングをすることにしています。

 

いずれにしても無理をしないことが重要です。最初は1週間に1回でも良いので、徐々に自分の生活に取り込んでいく感じで短い距離からウォーキングをはじめると長続きすると思うので興味がある方はぜひ頑張って歩いて欲しいと思います。